塗装

外壁のリフォーム

塗装

住宅も長い年月の間には傷んで来るものです。特に屋根や外壁回りは常に太陽光線や風雨に晒されてヒビ割れや雨漏りなどが生じる場合がありますので日頃のメンテナンスも大切になって来ます。 断熱性能も最近は高断熱・高気密というのが求められるようになって来ています。 外壁塗装の場合には予算や目的に応じて耐久年数数年のアクリル系のものと、同じくウレタン系、そして耐久年数10年以上のシリコン系や、耐久年数約20年近くあるフッ素系塗料があります。 さらに地球温暖化が叫ばれてから相当年月が経ち、予測通り夏場は熱中症患者が多数病院へ運ばれるような環境になって来ました。 中には冷房代を節約して過ごす独居老人などもあると思われます。そのような場合にはこれらに適した塗料が出て来ています。

愛知での外壁リフォームの場合、遮熱塗料というロケット開発から生まれた熱を反射して室の内部に持ち込まない性質を持った塗料が生まれました。愛知においてこれを外壁面や屋根面に塗装することで外気温に比較して4度Cは下がるとされています。これは愛知において現代にもマッチし将来的にも省エネに貢献する塗料とされていて耐久年数も約20年あるとされます。 愛知では他にも光触媒塗料という環境に優しい次世代の外壁塗装もあります。これは太陽光で汚れを落とし、雨が降るとその汚れは洗い流される性質を持った外壁塗装です。 汚れもつきにくく遮熱効果もあり空気を浄化する働きをも持っています。耐久年数も約20年ほどあります。外壁塗装の施工に関しては認定を受けているところでのみやってもらうことができます。